あなたの街の法律家

相続 Q&A

トップボタン
取扱業務一覧ボタン
相続Q&A


事務所概要ボタン
免責事項ボタン
お問い合わせボタン


画像

相続 Q&A

Q1
叔母が死亡しました。叔母には夫がいるが子供がいない。
甥である私が相続できることはありますか?

画像
配偶者である夫が相続人になります。
そして、叔母さんのご両親も相続人になります。
しかし、その叔母さんのご両親が死亡していた場合には、
叔母さんの兄弟姉妹が相続人になります。
さらに、その叔母さんの兄弟姉妹の内一人が亡くなっていた
(貴方のご両親のいずれかが)場合には、貴方が代襲相続人となります。
また、兄弟姉妹の代襲相続は一代までです。
よって、代襲相続人として相続することがあります。

Q2
先日、父方の祖父が死亡しました。祖母もすでに他界。
その子である我々の父はすでに他界しています。
子は私と姉です。
しかし、その姉は父より早く死亡していますが、姉には息子がいます。
この場合、孫である私とひ孫である甥は、祖父の相続ができますか?

画像
相続が出来ます。
直系の場合、代襲相続には制限がありません。

Q3
私は小さい頃、養子に出され、以来ずっと養親と生活をしてきました。
養親はすでに死亡し、私は養親の遺産を相続しました。
ところが先日、実父も亡くなりました。
私は、実父の相続もできますでしょうか?

画像
実親・養親とも相続が出来ます。(普通養子縁組の場合)

Q4
私は3人兄弟です。先日農業をしていた父親が亡くなりました。
長男である私と、次男である弟は、高校を卒業すると直ぐに就職しました。
他方、三男は父が苦労して東京の医学部を出させて、医者になりました。
このような場合でも、兄弟3人で相続は均等に行うべきなんですか?

画像
格段の異質である場合、特別受益を考慮しなければなりません。
また、親の財政状況や親が負担できる状況であったのかを考慮します。
単に、大学を出ているというだけではないようです。

ご相談の予約・問合せ

ご予約・お問合せは、電話、メールフォームにて受付ております。

画像

ご予約、ご相談はこちら
TEL 画像
mail 画像
予約フォーム

日本行政書士会所属
東京都行政書士会所属
東京都行政書士会八王子支部所属
公益社団法人成年後見支援センタ-
ヒルフェ会員

一般社団法人家族信託普及協会会員
法務省入国管理局申請取次届出済

PAGETOP